効率良く仕事を進めるポイント

>

PDCAの意味を理解する

重要な4つの言葉

効率良く仕事をするためには、まず計画を考えます。
それから計画通りに実行して、終わってからどのくらいの精度だったのか評価をします。
問題点があれば改善して次回に活かすというのが、正しい流れになります。
これが仕事で重要とされている、PDCAになります。
またPDCAを繰り返すことで、生産性も自分たちの能力も高まるのでメリットが多い方法と言われています。

元々PDCAは1950年代に、アメリカで生まれた考え方です。
それが世界中で評価されて、日本でも1990年代の後半から積極的に様々な企業で導入されています。
最近だと、新入社員研修の時に教わることもあります。
そのぐらい重要なことなので、PDCAを絶対に忘れないでください。

無計画で進めないこと

特に計画を考えて仕事を進めるというのは、絶対に怠らないでください。
無計画のまま仕事をしても、次第に何をすれば良いのかわからなくなりますし、目的から逸れてしまう可能性があります。
また自分の仕事が滞ることで、他の社員にも迷惑をかけて、企業全体の利益が下がることもあるのでPDCAを守ってください。

正しい順番で仕事をしていれば、途中で迷ったり滞ったりすることもなく、安全に仕事を進められるはずです。
これまでPDCAという言葉を聞いたことがあっても、意味を知らなかった人がいるでしょう。
意味をきちんと理解して、自分でも守るように心がけてください。
社員数人で実行するのではなく、企業全体でPDCAに取り組むことが生産性を高めるコツです。


このコラムをシェアする